リスニング

オーディオブックで英語を聞こう!おすすめ10選【有名人がナレーター】

mic

英語のオーディオブックは最高のリスニング教材です。

オーディオブックとは本の音読が録音されたもので、日本でも最近じわじわと人気が出てきています。
ほとんどの洋書はオーディオブックになっているので、自分の好きな本を使って通勤や家事をしながら英語のリスニング練習ができます。

アマゾンのオーディオブック、Audible(オーディブル)は、アマゾンのアカウントで登録ができ、スマホで簡単に「本が聴ける」ようになります。
紙の本を買うよりもお得で、月会費の1500円で好きな本が1冊無料。もちろん1500円以上の本でも大丈夫。聴き始めてからでも気に入らなければ返品可能です。月1500円で聴き放題です。(2022年1月27日より)

オーディオブックは、好きなナレーターを選んでリスニング勉強ができるのが魅了のひとつ。

ハリウッド俳優や有名人がナレーターで、英語のリスニング勉強におすすめの10冊をジャンルごとに紹介します。
全て5分間視聴できるので、ぜひ聞いてみてください!

10選のおすすめポイント

  1. 聞き取りやすいナレーション
  2. 使える英語
  3. 本自体の評判がいい

こどもの本

Matilda(ケイト・ウィンスレット)

Matildaタイトル:Matilda
著者:Roald Dahl
ナレーター:Kate Winslet(イギリス英語)

どうしようもない両親をもった天才少女が主人公。頭脳を使って両親や先生にいたずらで仕返しします。映画化もされていて、大人にも根強いファンが多い名作。
『タイタニック』のヒロインを演じたケイト・ウィンスレットが個性豊かなキャラクターを生き生きと演じ、ナレーターとしても高く評価されています。

イギリス英語特有の言い回しや文語的表現が多いので、英語は意外と難しいと感じるかもしれません。それでもおとぎ話に比べれば実用的な英語が学べます。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

小説・フィクション

The Handmaid’s Tale(クレア・デインズ)

The Handmaid's Tale

タイトル:The Handmaid’s Tale
著者:Margaret Atwood
ナレーター:Claire Danes(アメリカ英語)

Huluで人気の海外テレビドラマ『ハンドメイズ・テイル』の原作。ディストピアです。出生率が低下した世界で、妊娠可能な女性はただ子供を産むことが使命の「侍女」となる…。
『ロミオ+ジュリエット』でジュリエットを演じたクレア・デインズによるナレーション。あまりパッとしない女優さんだと思っていましたが、声だけでこれほどまでに世界観とキャラクターを創り上げることができるのかと圧倒されました。
非現実的な設定のストーリーでも描写や説明が多く、英語の勉強になります。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

Go Set A Watchman(リース・ウェザースプーン)

Go Set A Watchman

タイトル:Go Set A Watchman
著者:Harper Lee
ナレーター:Reese Witherspoon(アメリカ英語)

人種差別を題材にした最も有名な本ともいえる『アラバマ物語』の続編(実際は先に書かれた作品)。『アラバマ物語』の主人公フィンチが大人になってからの物語。アメリカでは身近なテーマである人種差別について学ぶことができます。
ナレーターはApple TVのドラマ『ザ・モーニングショー』でジェニファー・アニストンと共演しているリース・ウェザースプーン。

Heartburn(メリル・ストリープ)

Heartburn

タイトル:Heartburn
著者:Nora Ephron
ナレーター:Meryl Streep(アメリカ英語)

妊娠中に夫の不倫が発覚したフードライターが主人公のロマンティック・コメディ。著者ノーラ・エフロンの半自伝的な作品と言われています。(夫はウォーターゲート事件を明らかにし、ニクソン大統領を辞任に導いたワシントン・ポスト記者。)『セックス・アンド・ザ・シティ』が好きな方におすすめです。
映画(邦題『心みだれて』)で主人公を演じたメリル・ストリープによるナレーションがカッコイイです。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

The Dutch House(トム・ハンクス)

The Dutch Houseタイトル:The Dutch House
著者:Ann Patchett
ナレーター:Tom Hanks(アメリカ英語)

ザ・ダッチ・ハウスとよばれる豪邸で育った兄弟。母が失踪し継母の出現により生活が一変する。と聞くと暗い本かと思いますが、わりと明るくたくましい兄弟の話です。
ナレーターはトム・ハンクス。男性の英語の聞き取りを練習したい人におすすめ。初めは少し聞き取りずらいかなと思いましたが、慣れるととても心地のいいナレーションです。
かなり「普通」な英語が使われているので、英語の勉強に向いています。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

ビジネス・自己啓発

It Worked for Me(パウエル長官)

It Worked For Me

タイトル:It Worked for Me
著者:Colin Powell
ナレーション:Colin Powell(アメリカ英語)

パウエル長官が「リーダーシップの13か条」について、自身の経験を交えて語ります。政治家というよりは軍隊のおっちゃんという感じで、硬すぎず面白い。1か条ずつ短いチャプターに分かれているので聞きやすい。繰り返し聞いても為になるので、リスニング練習に向いています。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

自伝

The Meaning of Mariah Carey(マライア・キャリー)

The Meaning of Mariah Carey

タイトル:The Meaning of Mariah Carey
著者:Mariah Carey
ナレーター:Mariah Carey(アメリカ英語)

世界の歌姫マライア・キャリーの自伝。イメージよりもずっと地に足の着いた本人によって語られる波乱万丈なストーリーは、ファンでなくても聞きごたえありです。70-80年代の黒人差別の状況、音楽業界の内情、彼女の代表曲がどうやって生まれたのか。随所にちりばめられたアカペラと共に語られます。これは絶対にオーディオブック版がおすすめです。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

What Happened(ヒラリー・クリントン)

What Happenedタイトル:What Happened
著者:Hillary Rodham Clinton
ナレーター:Hillary Rodham Clinton(アメリカ英語)

トランプとの大統領選についてヒラリーが語ります。まさかのトランプ勝利はどうやって起きたのか。選挙戦へのロシアやFBIの介入について。また、トランプに敗れた後どうやって立ち直ったのか、夫・娘・孫との絆など、彼女のより人間的な面も垣間見れます。超優等生な聞きやすいナレーションです。

英語の分かり易さ 
聞き取りやすさ  
内容のおすすめ度 

A Promised Land(オバマ大統領)

A Promised Land

タイトル:A Promised Land
著者:Barack Obama
ナレーター:Barack Obama(アメリカ英語)

アメリカ大統領は退任後に自伝を出版するのがお決まりです。クリントン大統領もブッシュ大統領も自伝を出し、本人がナレーションをしています。
幼少期から大統領になるまで、そして大統領時代の様々な事件をオバマ大統領が一個人として語ります。30時間の大作です。いい声で、歴代大統領の中で一番聞き取りやすいです。

おまけ

The Tales of Beedle The Bard(ハリー・ポッター俳優陣)

the tales of beedle the bardタイトル:The Tales of Beedle The Bard
著者:J.K.Rowling
ナレーター:Warwick Davis, Noma Dumezweni, Jason Isaacs, Jude Law, Evanna Lynch, Sally Mortemore, Bonnie Wright(イギリス英語)

ハリー・ポッターファンにおすすめ!ホグワーツの子供たちに人気の5つのおとぎ話を、『ハリー・ポッター』と『ファンタスティック・ビースト』の俳優陣がナレーション。
(あまり「使える英語」ではないので「おまけ」です。)

以上、有名人がナレーターのおすすめオーディオブックの紹介でした。

洋書のオーディブルは、有名人に限らず著者自身がナレーションをしているものが多いです。
好きな作家のオーディブルも是非チェックしてみてください!